2018年3月24日土曜日

Twitter が採用したHosted Web Apps とは

2018年3月、Twitter社が Win10 IP RS4向けに新しいバージョンのTwitter Appをリリースしました。順次自動更新されているのですが、それが今までのUWP Appではなく、Hosted Web App だったことで少し話題になっています。

最初はRichard Hay さんのTwitterで知りました。その後記事にされています。

Official Twitter App for Windows 10 Finally Updated
https://www.windowsobserver.com/2018/03/23/official-twitter-app-for-windows-10-finally-updated/


どれどれ、とインストールしてアプリのフォルダを見ると…


既定だと、Program Files\WindowsApps 以下にインストールされます。
管理者権限付きのConsoleで探すのが楽です。


おお、まさにHosted Web Apps でした。

Hosted Web Apps って何?


HostされたWebアプリ
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/bridges/hosted-web-apps

所謂UWP App …C#/VB/JS/C++ で動かすNative App とは根本的に世界が違います。

Hosted Web Appを構成する要素に、いわゆるソースコードとなるものは実はローカルには存在しません。AppxManifest.xml によるアプリの定義があるだけです。

AppxManifest の一部 
全部見たい人はAppをインストールするとアプリのフォルダに入ってます。


ここに書いてある mobile.twitter.com をそのまま表示する 100%Webブラウザの窓、というのが正しいです。Twitter のAppをインストールするとわかりますが、表示されるのは100%、mobile.twitter.com そのままです。これに何かUIをXAMLで追加する、ローカルのコードビハインドで処理をする、等の世界では無いわけです。

「TwitterのHosted Web App」の画面。
mobile.twitter.comそのままです。

なお、ストアに乗せるにはマイクロソフトのテストを通す必要があり、他のUWP Appとまったく同様に掲載されます。特に何か差がつけられるという事はありません。


それって…ただのブックマークでは?


いや、それは明らかに違います。上のAppxManifestで定義したサイト内のHTMLから、ローカルのWinRT APIを直で使うことが可能だからです。

今回のTwitter Appでは、この機能を使ってRTやいいねがされた場合に通知トーストを送信しています。

(Chrome等ブラウザでも許可すれば似たような事出来るじゃん、というのはありますが)

「普通のWeb」ではもちろん、ローカルのAPIを叩くなど絶対許されないのですが、Hosted Web Appでは良いよ!という事になっています。
「普通のWeb」とは異なり、
  • ストアに出す時点で製作者の身元が明らかになっている
  • Microsoft によるコンプライアンス テストが行われる(※1)
  • ユーザーがインストールする時点で同意している
等々…でOK…なのかしら。
ただ、※1には抜け穴があります。後述します。

ソースは全部Webの上


上で説明したように、ローカルにインストールされるのは定義ファイルと、タイルのアイコンに使うビットマップくらいです。他…WebViewで表示されるHTML、その中で使うリソース…画像、CSS、その他色々、そしてJavaScript、全てWeb上のものがそのままロードされ、使われます。 「Hosted Web App」、Webでホストされたアプリという…MS先生にしては珍しく、名が正しく体を表しているネーミングです。 なおキャッシュなどの仕組みは特にないため、ネットから切れていると動きません。こちらについてはProgressive Web Apps のService Worker で使えるようになる…はず。


UWP App に対するアドバンテージ


UWP App の場合、ストアに乗せているアプリを変更する際は、原則、マイクロソフトの人力、人の目によるコンプライアンス チェックが行われます。変更の多少にかかわらずチェックはアプリ全ての部分で行われ、人力の場合2、3日かかります。このタイムラグがUWP App 稼業の大変つらいところです。そしてたまに意味の分からないいちゃもんをつけられたり。消耗すること甚だしいです。

(原則、というのは、場合によっては自動化テストのみ、数十分で通過する場合があるからです。アプリによります。ちなみにF10は毎回100%人力テストです。なんで…)



ですが、Hosted Web Appsの場合、上で説明したようにソースは全てWebであり、MSのストアに載っている訳ではありません。
つまり、アプリの改変がマイクロソフトのチェックを通さずにやりたい放題という事になっています。これは別に開発者が見つけた抜け穴ではなく、MS自身がアドバンテージとしてアピールしています。それでいいの?という気はちょっとしますが…
それと、さすがにあまり無茶するとお取りつぶしなどは当然あると思います。教育アプリがある日突然ふたばのJun君を表示するとかそういう。


Progressive Web Apps とは違うの?


基本的にはネーミングの話かなと思います。Hosted Web Apps の進化系がProgressive Web Apps (以下PWA)と言うのが正しいはずですが、ただ他のメディアの紹介を見ているとTwitterはPWA だ!という所もありました。どちらもそれはそれで正しい気がします。

また、PWA 自体、別にMSの持ち物という訳ではなく…AndroidにはAndroid のPWA があります。おそらく、これに大体そろえる感じで各機能入れるんだろうなと思います。Service Workerが入り、オフラインで使用可能なもっと「ちゃんとした」アプリになる…のだと思います。 ちなみに、WindowsでのPWA の情報自体まだ出きっていないのが実情です。おそらくは2018年5月のBuild 2018 でお披露目・・かな?と思います。今のところは以下、2018年2月のBlogの情報が詳しいです。


Welcoming Progressive Web Apps to Microsoft Edge and Windows 10
https://blogs.windows.com/msedgedev/2018/02/06/welcoming-progressive-web-apps-edge-windows-10/



私はいいと思う




Progressive Web Apps 、前身のHosted Web Appsも含めてなんつうかこう…Windows 開発者の間ではあんまり人気が無い、気がします。理由はなんとなくわかります。ただWeb表示してるだけじゃん?アプリじゃねえじゃん、という。ある程度正しいと思います。

また、Win10 のUWP、Win8.1のStore App でもそうでしたが…ストアを埋め尽くす低品質アプリの代表格が、アプリのメインウィンドウにWebViewを張り付けてWebのコンテンツを表示するだけの「アプリ」でした。こういう嫌な経験も影響しているのだろうと思います。私も何度DLして起動して脱力したことか…あ、WebViewアプリ様だ……


ただ、だがしかし。私はPWA、いいと思っています。
「アプリ」の主戦場がローカルからWebに移行して随分経ちました。個人的にも、GMail、Google Maps, あすけん(カロリーチェックのWebです), Slack, Twitter, OneDrive, Office Web Apps, ふたば, etc, etc... 一日を過ごすPC体験の殆どはWebです。そのうち一部…ふたばはF10を使っていますが、あれもWebのコンテンツを再解釈してXAMLで表示しているアプリであり、本質的にはWebアプリのVariationと思っています。
このようにWeb側の表現力、機能が十分に進化している場合、それをAPIを使って再解釈して「ローカルアプリ」として仕立てるのって…本当に要るのかな?という疑問は常にあるわけです。

もちろん、今回のHosted Web Apps のTwitterを見ればわかるように、今のレベルではローカルアプリと同じとは言いづらいです。ですが、今後のPWA、そしてまた進化していくであろう次のバージョンを考えると…「PWAでいいよね」となるエリアは今後拡大していくんだろうな、と思います。

※追記 2018/04/02 ... 常用に挑戦してみたけど…結構キツいですねこれ。まずリロードのやり方が良く分からないょぅ…通知等他のタブに一旦切り替えて戻るしか無くない? Twitter PWA, 思った以上に将来性の塊(マイルド表現)でした。これRS4向けに本当に一般公開するんだろうか…



2018年3月17日土曜日

MVP Global Summit 2018 に参加してきました

この記事は

  • 前半 MVP Global Summit 行ってきたーうわーーーたーのーーしーーーいーーーーーー
  • 後半 MVP制度って何なんだろねという考察

の二段構成です。お好きな順でどうぞ。


※MVP?  Microsoft MVPって何?という話は以前の記事をどうぞ。
Microsoft MVP for Windows Development を受賞しました
http://ddlgjp.blogspot.jp/2017/06/microsoft-mvp-for-windows-development.html


MVP Global Summit は、約2000人のMicrosoft MVPが世界中から集まるイベントです。日程は三日間+α…大体皆参加するのが日曜の登録+月火水の四日間で、私もこのスケジュールでした。

会場はワシントン州レドモンドにあるMicrosoft 本社と、その近郊の都市 ベルビューです。
シアトルの中心部、ダウンタウンから車で30分程の所にあるベルビューは、ショッピングモールやオフィスビル、ホテルが集積したそこそこの都会です。今回MVP Summit に参加する人達は、皆このベルビューエリアのホテル数軒に分かれて宿泊します。参加登録、また多人数のパーティ等はこのホテルの中の一つ、Hyatt Regency Bellevueで開かれます。私はこのHyattに泊まりました。


Bellevue Downtown Park から中心部を望む




妙にカモが偉そうな公園でした

そして、毎朝ホテルからシャトルバスで20~30分かけてMicrosoft 本社に移動します。セッションは朝8時から。このためホテルの朝食は朝6時から。余談ですが、今回に限らずUS開催のIT系のイベントって大体朝が早いですよね。


Hyatt の朝食会場。朝一番乗りだった日です(お腹減ってたので)。




朝食 野菜が足りない フルーツはあるんだけど



早朝からバスに揺られて移動


Microsoft 本社はほぼ街です。10年程前に一度出張で来た事があるのですが、その頃と比べても三倍くらい大きくなってる気がします。当時は520号の西側はもっと狭く、Nintendo America HQの北側に位置するキャンパスも無かったはずです(※1)。集積度…建物の密度、階数等が全然違うので日本と比較しにくいのですが、敢えて言うと…緑地帯の間に低層の研究施設が点在する筑波研究学園都市・筑波大学に似た雰囲気です。







Lake Bill
木立ちでは猫くらい大きいリスが走り回っていました


※1…この件検索すると、Seattle Timesに2006年当時、520号の両側をこれから開発していこうという記事が残っていました。この結果として、現在西側にはThe Commons, Visitor Center等が建っています。Nintendo Americaの北側は元はSafecoだったんですね。

2006年当時の将来計画図
http://old.seattletimes.com/html/microsoft/2002796093_microsoft10.html

そして2018年からまた大規模な再開発が始まり、Redmond Campusの中では一番古いエリア(例の十字型のビル群…Visual C++のアイコンで使ってましたよねこれ)を全て建て直すようです。



車道と駐車場は全部地下に入れて地上の道は全て歩行者+自転車用、そして520号の東と西+建設中のLink Light Rail 鉄道駅を専用の歩道橋で繋げるとの事。豪気な話ですなぁ。
寄り道でした。

セッションの多くはBuilding 33, Microsoft Conference Centerで行われます。







昼ごはんはケータリングが来ます。



お昼は野菜あり。嬉しい。
そのほかセッションの合間合間にはおやつが来ます。全体に食事は良かったです。


移動を終えるとGlobal Summit の本体、セッションが始まるのですが…この内容は全てNDA、秘密です。漏らすとバターサンドにされると言われています。この記事でも内容には一切触れられません。
一日のセッションを終えると、また送迎バスでホテルに戻ります。このルーチンを三日間続けます。


NDAを破った者の末路


現地での移動には、何度かUBER・Lyftを使いました。ホテルに帰るのにも一度。
スマホのアプリで目的地を入力して連れてって、と登録すると、GPSの位置情報で今待っている所に数分で車が来ます。目的地はドライバーのスマホに転送されるので車に乗ってから特に会話が要らないのが、床屋ですぐに会話に詰まり石のように沈黙するタイプ(僕)には最高です。タクシーと違って、普通の人が普段使いで乗ってる車に同乗できるのが車好きには楽しいです。プリウス多いですけどね。








ホテルに戻った後はそれぞれ晩御飯にするなり、パーリーがあったりします。MVP同士のネットワークを広げましょう!コミュニティ!!的なのが求められている訳ですが、そういうのいいよ…一人がいい…独り飯さいこう…という僕のような人には、Hyattから西に数分歩いた所にあるスーパー、QFCが便利です。24時間営業+セルフレジ完備なので西武線沿線住民の僕にしてみればほぼ西友です。セルフレジが良いのは、カード通すだけでお買い物できるので会話の必要が無いところ。ただ24時間と言っても夜に歩いていくのはちょっと怖いです。




レインボーロールセット 次の日お腹壊しました。生もの注意。


最終日の夜は全出席者合同の一大パーリーです。出席者の年齢層(おじさん)に合わせているのか、80年代・90年代ポップスがDJブースからどんがどんがと鳴り響きます。洋画でよく見る奴。






個人的にふおおおお!となったのはこれ。昔のアーケードゲームやピンボールが賑やかしに並んでいるのですが、その中にあの!ベクタースキャンのアタリ・スターウォーズがありました!キャーーーーー////  80年代、岩見沢の金市館でやりこんだ思い出の一品です。





ただ…私は日本だろうとUSだろうとパーティーには馴染めないおじさんなので、夕飯の分を頂いた後はホテルのフィットネスセンターでトレッドミルを漕いでいました。たのちい。日月火水、毎日きっかり一時間歩いてしまった。何しに行ったのか。


Fitness Centerは宿泊客無料
Cascade Towerの2F, Cedar Ballroom近くに隠し扉みたいな入り口があります



🍙🍙🍙



以下はMVP Programって何なんだろうと今回すこし考えた事です。


個人的には、MVP Summit に出られるのは超嬉しいのですが、その仕組みには少し違和感がありました。
何がかと言うと…MVP というのは基本的にコミュニティへの貢献が評価されて受賞するものです。イベントを開く、講演する、本を書く、等。他の人に何かを伝える活動をする人、という自己定義です。
ですが、MVP Global Summit のSession内容は全てNDAです。他のどこにも出せませんし、MVP同士で揉むことも出来ません。このため、この内容を持って帰ってコミュニティにフィードバックする…例)「今度のバージョンでこんな機能追加されるらしいよ!」という道は最初から無い訳です。
この、「Summitで得られた知識をコミュニティ側に還元できない」…言い換えると、MVP受賞理由とSummitで得られる便益が繋がっていない所に何かホワワワーンと釈然としない所を持ったまま会場に向かいました。

🍜🍜🍜


そこで目にしたのは、MVP、開発者を全力で「もてなす」Microsoft の様子でした。まじか。大変驚き、正直少し退きました。いや、君普段はそんなじゃないじゃん!という。どうしちゃったの・・・
この驚きを理解して頂くには少し説明が必要かもしれません。

🐡🐡🐡


Microsoft と ユーザー、または開発者の関係はもちろん対等ではありません。圧倒的に非対称な関係です。
分かりやすい例がWindows 10 のフィードバックHubでしょう。何を入れても何を言ってもなしのつぶて、自動応答の「受け取りました」マークが立つだけです。内部で色々ご苦労があるのだろうとは推察しますが、外形的には賽の河原です。他のコミュニティ…MSDN ForumやUservoice等でもそれほど変わりません。エグいバグが報告されたとしてもMicrosoft のエンジニアが出てきて何か言うことは少なく、協力会社スタッフのモデレーション担当が出てきて担当部署に繋げますと言ってくれれば良い方で、FollowUpが入ることも少ないです。サポートに連絡しても木で鼻を括る対応、と額に入れて飾りたい場合が多いです。そういう「関係」でやっているわけです。

※一応言っておくと、Platform商売している所はだいたいこんな感じです。特にMicrosoft が意地悪!という事では無いと思います。

そういう頭でこの十数年やってきた僕にとって、MVP Global Summit の光景はいやいやいや…というものでした。Session以外での歓待の様子は、この記事上半分で伝えられたかと思います。Session については前掲の通り一切触れられません。


🍛🍛🍛


Microsoft MVPは現時点で世界で4000人程度、今回のSummitに参加したのは2000人弱×(宿泊費4泊+飯+シャトルバス+各種パーティ)、どの会場もスタッフ完備で人手の足りなさを感じさせる事は無かったです。そして手ぶらで返す訳でもありません。また、三日間+αの期間、各プロダクトグループの主要メンバーが出てくると。結構なコストが掛かってますよね。

そして、このイベントは今年で25回目、四半世紀続けてこられたという事はこのスキームに自信があり、またコストに見合うだけのリターンをMicrosoft 側が得られているという事なのでしょう。

そのリターンとは何だろうか。そしてこのある意味特別待遇を「世界で4000人」に区切る理由って何なんだろうか。…ここまで考えたところで今回はギブアップです。
足りない頭を使い過ぎました。